心理カウンセリング




あまり考え込まずに、友人に相談するように気軽にいらして下さい。

私たちの心と身体は密接に関係しています。医師による身体面からの治療とともに、心理面のケアを行うことが必要な場合もあります。

身体的な症状が持続し、内科などを受診しても異常がない場合や、転職、結婚、育児など生活環境の変化、人間関係のトラブル、家族や身近な人の勧めなど、受診のきっかけとなる理由は様々です。

よくある相談内容を以下にまとめてみました。
もちろん、この他の相談に対してもお手伝いさせていただきます。



よくある相談内容

不安で仕方がない

気持ちが落ち込んでいる

人間関係がうまくいかない

つい過食や拒食をしてしまう

外出時や人前で緊張感が強い

やる気がしない、イライラしてしまう

急に動悸がしたり、息苦しさが出てくる

朝方、出勤や登校がつらく、休んでしまう

頭痛や腹痛がするが内科などの検診では、何
 でもないと言われた

必要ないとわかっていても、何度も手を洗うなど同じことを繰り返してしまう