スタッフブログ

カウンセラーのえこひいきレビュー024

2007/11/12 17:28

皆さん、こんにちは。
銀座メディカルサロンのカウンセラー、二子です。

 カウンセラーのえこひいきレビューです。

<本日のお薦めレビュー>

「昏睡状態の人と対話する
 ―プロセス指向心理学の新たな試み」(NHKブックス)
 アーノルド ミンデル著

 筆者の専門分野のひとつ、プロセス指向心理学の応用に、昏睡状態の人とのコミュニケーション支援技術「コーマワーク」というものがあります。今回取り上げるのは、現在コーマワークについて日本語で読める唯一の単行本です。
 
 僕自身も当サロンの仕事とは別に、昏睡の患者さんをご家族に持つ方からの依頼でコーマワークを行っており、多くの意識障害の患者さんとそのご家族が、昏睡状態や意識障害という自体を前になすすべもなくいることを痛感しています。
 
 そんなわけで、その一助となればと思ってレビューを書くのですが、最近人に尋ねられてコーマワークの概要を紹介する機会があったので、ここでも少し概説しようと思います。
 
◇背景
 コーマワークは冒頭に書いたように、プロセス指向心理学の応用の一つです。プロセス指向心理学(プロセスワーク)は、ユング派心理療法の目的論的な考えを踏襲した対人援助の方法論。一見問題に見える事柄(症状や問題行動、対人関係の問題など)の中にも、自己治癒的な働き、創造性が現れている可能性を仮定し、その可能性を広げるように援助するものです。典型的にはその事柄に意識を向けるというようなことから始まります。その結果、簡単にいうと自己治癒的なプロセスが進んでいくと考えます。
 
◇プロセスワークの実際
 プロセスワークでは、精神論に陥らぬよう、できるだけ知覚できる情報を頼りに実践的な技術の開発をしてきました。話しているときの身振り手振りや、声のトーン、夫婦カウンセリングでの座る位置関係などなど自体を、臨床上重要なサインと仮定し、介入します。
 
 ちなみに当サロンの僕のカウンセリングでも、プロセスワークの考え方や方法をかなり取り入れています。
 
 (つづく)
 


銀座メディカルサロンは東京中央区にある心理カウンセリングとアロマセラピーの専門機関です。
銀座メディカルサロン カウンセリングに関するご相談は
東京都中央区の
銀座メディカルサロンまで

コメント(0)

<< 前のエントリー | | 次のエントリー >>

トラックバック